\即日借入おすすめ1位/


緊急事態のときはアプリで借りれる
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

カードローンの基礎コラム

キャッシングで借りていたお金を毎月一定額、返済しています。

ですが先月、指定の口座に入金するのをつい忘れていたのです。

キャッシング会社から電話が掛かってきて、入金がなかったことを確認されました。

あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことを説明させてもらいあした。

勿論悪いのは自分なのですが、支払いが遅れたのは事実なので、遅延損害金を払うことになりました。

このごろ、キャッシングはさらに便利になっています。

例えば、無利息ローンが適応される特典がついたキャッシングが少なくありませんが、業者によって、実際に利用できるかどうか分かりませんので、前もって無利息の対象なのかどうかチェックしておいてください。

とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点は忘れがちですから、きちんとチェックしてください。

なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。

ATMなどでお金を借りる時はスマホのみで申し込みからキャッシング契約完了まで行える方法を探すと即日融資の可能性が高まり、時間がないときにも使えるので役立ちます。

iPhoneやアンドロイド携帯を使って申し込むと良い点は電車やバスに乗っている最中であってもやりたいときに簡単に入力必須項目を送信でき、突然お金が要る事態に遭遇したときにも有用でしょう。

必要な時にすぐにお金を貸してもらえて、しかも返しやすいのがインターネットを使ったキャッシングの強みでしょう。

基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、当事者にとっては嬉しいことです。

家族が利用明細書を受け取ってしまい、そこからキャッシングがバレるという話がよくありますが、ネットキャッシングの明細は基本的にネット上で確認するので、郵送された利用明細書を家族が受け取るということは少ないです。

今使っているネットバンキングをキャッシングの受け取り口座にすれば、ますます使いやすくなります。

今の時代、キャッシングの申し込みはとても簡単で便利なものになりました。

とはいえ、何も準備しないでよいわけではありません。

実際の契約時には、条件によっていくつかの書類を準備する必要があります。

その一つは本人確認書類です。

どのようなものが本人確認書類としての効力があるのかというと、免許証が代表的ですが、免許証が無いケースでは、パスポートか健康保険証を用意してください。

次に必要なのが、収入証明書類です。

どういうものかというと、例えば所得証明書や給与明細、あるいは源泉徴収票が必要になります。

キャッシングやカードローンを申し込みたいが在籍確認が心配という人は、少なくないようです。

一般的には本人確認の手段として在籍確認は欠くことができないもののようです。

カード会社の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名でかかってくることが多いようです。

ただ、条件つきで勤務先への電話連絡をしないでくれる会社も出てきました。

大手のなかでもプロミスやSMBCモビットといった銀行系の金融業者では、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、勤務先への在籍確認の電話の代わりにすることができます。

用意できない場合はほかにどの書類で代用できるのかも教えてくれますから、事前に確認したほうが良いでしょう。

コミカルなCMでも人気のプロミスでの融資は、インターネットや電話、店頭の窓口やATMから想像以上に手軽に申請ができるようになっています。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関のどれかに口座があるなら、簡単な申し込み手続きの受付が確認されてからなんと10秒前後の時間しかかからずにいつでもこちらの口座に振り込まれるというサービスを好きなときに自由に利用することができます。

女性も相談しやすい専用ダイヤルに30日間ある無利息サービスなどもプロミスでのキャッシングの魅力的な点と言えます。

個人で何らかの事業をしている人が必要に迫られてカードローンを使用するなら、給与を得ている人とは異なって、定期的に収入があるという判断が難しく、どれくらいの借入額であったとしても、年間収入を示す資料を渡さなくてはなりません。

これには収受印が押された確定申告書や所得証明書の他、役所で交付される住民税決定通知書や、課税証明書など、昨年の年収が記載している書類が使われます。

早急にお金を用意しなければならない時に便利なのがキャッシングですが、それ以外にも高価な買い物で分割払いする際にも使いたいのがキャッシングです。

あらかじめ情報を収集し、期間限定の無利息キャンペーンなどをしているキャッシング業者を選べば、さらにお得です。

皆さんご存知のように、利息ゼロのサービスは一回しか使えないことが多いものの、キャッシング業者の中には、以前の借入の返済を済ませてから、しばらく時間が経過していれば再びキャンペーンを受けられる業者もありますので、参考にしてみてください。

キャッシングは、ここ最近、審査基準が厳重になって、定期収入がある人でないと借り入れできないとのイメージがわきます。

専業主婦や無職といった収入のない場合には借りることはできません。

ただ、大手業者以外の中小業者の貸金なら、働いていない生活保護の世帯であってもキャッシング利用が出来る場合があります。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス