\即日借入おすすめ1位/


緊急事態のときはアプリで借りれる
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

カードローンの基礎コラム

自分が予想もしなかった出来事がある日突然起こった時、なかなかまとまった 現金がなるべく早く必要になり、それがきっかけでカードローンを利用したいと思った場合、どこの銀行・クレジットカード会社などのカードローンが良いか悶々と迷うこともあるはずです。そんな時に役立つ方法として、ネット上に書き込まれている口コミの評価を見てカードを実際に利用して借り入れした人の評価が良いところを実際申し込み、試してみるのも良い方法だと思います。キャッシングを使えば、一時的に必要なお金を用意することができ、一括返済や分割返済も選択でき、まとまった額から小額まで対応できますから、利用価値は高いです。一括返済するならメリットは大きいですが、分割で返済するときはその期間分の利息をつけて支払うことになります。自分の財布・ATMなみに気軽に現金を手にできるカードローン。使うときは、借入金は今後の支出に直結すると肝に銘じて、必要な額だけを借りるよう、財布と借金がゴチャ混ぜにならないよう自己確認するのも大切です。深夜や早朝などに急にお金が必要になった場合は、どうすればよいでしょうか。銀行ATMでご自身の口座から貯金を下ろすことも可能ですが、時間外手数料が発生します。多くても200円程度ですが、そもそも時間が違えば無料であり、引き出しの回数が増えれば手数料だけでも相当な出費になってしまうでしょう。しかし、カードローンであれば、時間外手数料無料のATMからお金を借りられますし、利息は日割り計算ですので、すぐに返済すれば数円で済むでしょう。ですので、時間外手数料を支払ってまで銀行ATMを利用するよりも、お得に運用できるはずです。カードローンはすぐに審査が終わりますし、なにかしらの担保や保証人を用意する必要がないのもポイントが高いです。借り入れ審査に通らない人というのは、ほとんどが収入のない人です。自分が収入を得ているという事が必須条件となるので、その要件を満たしていない人は用いることができません。絶対に稼いでから申込むのが得策です。また、既存の借り入れが多額である場合にも、審査に落ちてしまうでしょう。SMBCモビットは三井住友銀行のグループなので、初めての方でも安心できる突然、お金がどうしても必要になる時があります。そうした場合に利用したいものといえば、わざわざ店舗や現地に赴かなくてもすべての契約が済ませられる、ネットのキャッシングサービスです。免許証さえあれば、すぐに必要なお金を貸してくれるはずです。近年、ほとんどのカードローンサービスがこうした契約方法にも対応しているのですが、周知されているかというと、そうでもなく、カードローンそれ自体に抵抗があって、勇気が出ない人も少なくないようです。深刻になり過ぎず、割り切って融資を受けるのも良い経験になります。無事にキャッシングを完済した後、業者との契約はどうすればいいのでしょうか。そのまま契約を続ける人もいれば、借金したくないという理由で解約を希望する人もいるのではないでしょうか。解約手続きはすぐに終わります。つまり、コールセンターなどに解約したいということを伝え、物理的にカードを使えなくすれば終わります。解約は、完済後時間が経ってからでもできますが、一度でも契約を解除したのなら、また利用したいと思った時には、再度審査を受ける必要があります。いざという時に備えて契約を続けるか、安易に借り入れないために解約するか。どちらが都合が良いのか、ご自身の性格や環境を踏まえて選択しましょう。大手はWEB上に仮審査用の入力画面を作っているのが一般的です。入力画面に必要情報を入力すれば、入力した情報が審査され、借入できるかが画面に表示されます。けれど、歳や一年間の収入額、これまでの借りた金額、借りたいと思っている金額等の少ない項目で、簡単な審査結果が表示される為、問題がないと表示された場合であっても、その時になって借り入れられないこともあるのです。目安として使いましょう。若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、カードローンの貸付金利の上限は従来の20%から18%へと下がりました。ただ、単純に喜んでもいられないようで、利息制限法における上限は18.0%なのが、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利で貸付ができるという状態でした。両者の間には11%もの開きがあるのに違法ではないのは、登録業者だからです。この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、このような契約によって業者に払い過ぎた利息分を返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。ローンの契約用に大手の業者は無人契約機と呼ばれる契約システムを多数設置していますね。自動契約機はその名前の通り、契約ができるのはもちろん、カードを受け取ることもできます。もしこの方法ではないやり方で契約の手続きをしてからであってもこの契約機でカードを受け取ることが可能です。郵送されることを嫌がる人や、カードが届くまで待てない人は契約機を利用しましょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス