\即日借入おすすめ1位/


緊急事態のときはアプリで借りれる
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

カードローンの基礎コラム

無職であれば絶対にキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。

しかし、一概にそうとも言えない場合があります。

無職とは一般的に毎月のお給料があるわけでありませんが、配偶者に職があればキャッシングも利用可能です。

しかし、パートナーに安定収入があることは絶対条件です。

それに、限度額は少ないことが多いです。

または、クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を手に入れる方法があります。

本人はクレジットカードを作ることができなくても、家族カードを作ってもらえば、キャッシング枠で現金を手に入れることができるでしょう。

例外的ですが、無職で独身であってもキャッシングが可能な立場の人がいます。

それが年金受給者です。

毎月、収入(年金)を受け取れる、ということで借入限度額はさらに低くなるものの、キャッシングが利用できるケースもあります。

キャッシング利用時は、勤め先と勤続年数を申し出なければなりません。

借りようとする人物の返済能力の有無を調べるためです。

その後、勤務先に勤務の事実確認のための電話等が入るのです。

勤め先に連絡が来るのには抵抗を感じる人もいるでしょうが、昨今は消費者金融であることを隠す配慮もしてくれるはずです。

カードローンで融資を受ける際、即日融資のものが数多くあります。

特に消費者金融のカードロ―ンは休日も利用でき、21時までの審査通過で即日融資の対象となります。

ただ、高額な金額の借入を希望すると、審査の時間が長引き、その日のうちの融資がかなわない場合もあるでしょう。

当日中の融資を希望するならば、必要最低限の融資額にとどめましょう。

ところで、カードローンの審査基準は、借り入れ出来るかどうかの目安ということで、全てではないものの、情報公開されているようです。

本来、この基準は非常にシビアなものになっているのですが、具体的な可否の判断は、担当者に一任されていることがあるのです。

人によって状況は様々ですから、それを画一的な判断基準によってバッサリと線引きすることは大変難しい事だと思います。

消費者金融系のキャッシングローンは、銀行に口座がなくても借り入れができます。

店舗に直接行ってもいいですし、自動契約機を使ってもいいのです。

銀行の口座がない人、あるいは使いたくない人も、その場での審査に通れば契約成立し、すぐに借り入れが可能です。

また、本人確認など少し時間がかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。

また、銀行系のローン会社で、自行の口座がなくても銀行のATMを利用してキャッシングができるところもあります。

キャッシングの審査でNGが出る人というのは、収入を持っていない人が多いです。

自分が稼ぎを得ているということが必須条件となるので、その項目を満たしていない人は利用不可能です。

必ず収入を得た後に申込むのが得策です。

また、既存の借り入れが多額である場合にも、審査に通る事はないでしょう。

CMなどでも耳にすることの多いキャッシングというのは、手持ちのお金がなくてちょっと困ってしまったというときに貸して頂戴するというようなタイプの借り入れ方法です。

大きな金額の借り入れをするというのであれば、まず連帯保証人や担保が必要になってくるものです。

ですが、あくまでもキャッシングという状況ですと、万が一のときのことを考えての保証となるものは求められないのが一般的なのです。

利用者本人からの申込みであるという証明になる材料があれば、大体において障害なく融資をしてもらえるでしょう。

キャッシングは曜日に関係なく利用できます。

普通、消費者金融はカレンダーに左右されません。

年末年始以外、ほとんどの業者は、年中無休の9時から21時の営業時間になっています。

当然、この時間は借入の申込も可能ですから、土日祝日関係なく、早めの時間に申込を行っておくと、数時間後には希望する方法でキャッシングできるはずです。

キャッシングの利子は借りた金額によって異なるのが普通のパターンです。

少ない金額しか借り入れていないと利子は高くなりますし、多いなら低金利になります。

そのため、複数からわずかに借りるより、まとめて一つの機関から借入れをした方がお徳でしょう。

キャッシングの利用を初めて申し込む場合にはキャッシングを希望する額を書く必要があります。

金額をどうするか迷う場合も多いですが、始めのうちから高めの金額を書いてしまったら希望のキャッシングが受けられないかもしれません。

一回目の申込では、なるべく低めの金額を提示しておいて、そのお金を返済して実績を作ってから増額を申請するという方法がよく行われています。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス