\即日借入おすすめ1位/


緊急事態のときはアプリで借りれる
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

カードローンの基礎コラム

この頃のカードローン(キャッシング)業界はネット普及の恩恵も受け、飛躍的に便利になりました。

とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと手続きが完結できることでしょう。

それも、PCブラウザからでもスマホアプリからでもOKです。

上限30~50万円程度の小規模融資なら運転免許証や社員証などを写メやアプリで送信することで家にいながらにして契約できます。

手続きが済んだら銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。

でも銀行にすれば、自分の口座からお金を引き出すような感覚で融資金を受け取ることができます。

20歳を超えた学生でバイトなどの収入があるという人は金融機関が提供するキャッシングを利用できる可能性があります。

一部の学生ローンでは、18歳以上からお金を貸し付けてくれますし、キャッシングに比べると低金利のところが多いです。

他にも、クレジットカードに付帯したキャッシング枠でお金を借りるという方法を選ぶこともできます。

学生でもお金を借りる方法があることが分かって頂けたかと思います。

ちなみに、どのような方法でもアルバイトなどで定期収入を得ていなければ借りられないことは覚えておいてください。

収入なしでも融資を受けられるようなキャッシングは、法に従った業者ではないと理解しておいてください。

キャッシング利用時は、勤務先及び勤続年数の申告を求められます。

債務者になろうとする人物の返済能力の有る無しを判別するのがその目的です。

そうすると、職場に勤務が事実か確かめる為の電話等が入るのです。

職場への連絡を嫌う人もいると想像できますが、今は消費者金融からの連絡だと分からないよう配慮もしてくれるはずです。

お金の返済のやり方については、その業者ごとに違います。

多いのはATMからの振込と、口座からの引き落としと方法の2パターンです。

返し方はどちらでも構いません。

しかし、そのうちの一つだけに限られていたり、引き落としもどこの銀行でもいい訳でないこともありますので、自分にとって最適な業者から返済方法を選びましょう。

お恥ずかしい話ですが、ご祝儀やお香典などの冠婚葬祭費がかさみ、家賃や電話代などの月末の支払いができなくなってしまいました。

必要なお金が足りない、もしくは全く無いなんてことは誰でも一度くらいはあるものです。

すぐにお金を借りられるのはどこかというと、とりあえず当たってみたいのは、クレジットのカードで、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。

怖い顔の人がいるわけではないし、所要時間も人によってはたった5分で、と言うような会社もあり、早さを第一と考えるのであればそういうところを選ぶと良いでしょう。

縁起でもないなどと言わず、いつでも最悪の事態を考えてあらかじめ会社の情報を集めておきましょう。

それが無駄になったとしても、使わずに済めばそれに越したことはありませんからね。

キャッシングを利用しようとするにはどの金融会社を選ぶが大変大事なことです。

借入条件や返済条件が大切なのは勿論ですが、金融会社のホームページ等に書いてある情報のみにより決定すると誤った選択をしてしまうこともあります。

やはり金融会社の決定には世間の評判も大事な判断材料ですし、口コミの批評なども考慮に入れて選択することが重要です。

借入金を返却する方法には色々な方法が存在しますが、店頭における支払い以外に口座自動引き落としや銀行振り込みを使ったり、金融会社やコンビニのATMでも振込むことができます。

一般的ではない方法では現金書留でも支払い可能ですが、最も多い方法はATMを通して支払う方法です。

キャッシングサービスというのは基本的には、手持ちのお金がなくてちょっと困ってしまったというときに貸してもらうという意味合いを持っているのです。

大体の場合ですと、業者から借金をするというのであれば、所有している財産を抵当に入れたり、代わりに返済する保証人をたてたりします。

ですが、あくまでもキャッシングという状況ですと、返済不能に陥った際に使われるような保証は求められないのが一般的なのです。

単純に身分を証明することが出来る材料があるだけで、融資まで滞り無く進むケースがほとんどなのです例えばカードローンの審査に通らなかったとき、何が原因かを考えなくてはいけません。

どこの業者であっても審査内容はあまり変わらないので、どうしてそうなったか心当たりをつけない限り次の審査でも良い結果になるとは考えにくいでしょう。

多くの人の場合に収入に対する希望額というのが大きいこともありますから、次の審査を考えるなら希望額を減らして申込んでみるといいかもしれませんね。

借金は総量規制によって、借金限度額は決められてしまいます。

借入があるか否かによってもさらに変わるので、出来ることであれば借入を少なくしてから、申し込みしてください。

年収の3分の1を超える借入ができないということは心に留めておいてほしいです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス