\即日借入おすすめ1位/


緊急事態のときはアプリで借りれる
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ

「大至急お金が必要!」
「友人や親には借りたくない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる即日借入カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ならこちら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホやPCからできるネット審査は同僚や家族に知られずに申し込みができます。郵送物無しで融資受けたいならプロミス以外にモビットも人気です。

カードローンの基礎コラム

キャッシングは審査さえ合格すれば、限度額の範囲内だったら回数に制限なく借入を行うことができるので、ずっと使用していると感覚がマヒしてしまって、借入をしているという感覚が消失してしまいます。

けれども、消費者金融やクレジットカードを使用して買い物をするのも借金をするのと同じことですから、借り入れる前に返済計画を作ることを怠らないでください。

もし、返済日までにお金が用意できなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。

利用しているキャッシング業者にもよりますが、一般的にはいわゆる遅延損害金を支払わなければなりません。

この遅延利息金は高金利なうえ、利息を含んだそれまでの返済金と、まとめて請求されるでしょう。

長期延滞はもちろん、軽い延滞を何度も繰り返すような状況になると、契約解除され、一切お金を借りられなくなりますし、信用度によっては、未払金を一括返済しなければならないため、返済計画をきちんと立てて、計画的なキャッシングを心掛けてください。

借入をしたお金の返済方法は、どのカードローン業者を利用したかによって違います。

多いのはATMからの振込と、銀行の口座から引き落とす、二種類です。

どちらにするかは選べます。

けれども、指定した方法でしか返済できない業者や、引き落とす銀行も指定されてることもあるので、広い選択肢のある業者から返済方法を選びましょう。

キャッシングで24時間いつでもお金が借りれる良さは、時間に余裕がないほど実感できるもので、実際に助かったという話もよく聞きます。

私はアラサーになる前、交際相手の親(他県)に挨拶に行くことになったんです。

でも、すごく憂鬱でした。

だって滞在費がまったく出せない(財布に2000円)状況でした。

さすがにマズイだろうと、キャッシングすることにして、夜中にインターネットで手続きしてお金を用意し、ホッとしたのを覚えています。

お金を借りる話をしていて気づいたのですが、クレジットカードとカードローンを混同していることは結構多いです。

間違いやすいとは思いますが、実は両者の受けられる融資の額にすごい差があるのです。

いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。

物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の枠は小さめです。

当初は10万、20万といったところでしょうか。

一方、カードローンは融資を主目的とし、上限値500万円くらいが設定されているのは当たり前です。

なかには800万円までなんていうのもありますよ。

カードローンやキャッシングの申込みに必要な要件というのは考えているほど多くありません。

申し込む人の履歴や金額にもよりますし、業者によっても微妙に変わってくるかもしれませんが、顔写真つきの免許証、パスポートなどがあれば住所や本籍地等も掲載されていて、充分なようです。

極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、お金を手にする前の心がけ次第とも言えます。

ちょっと苦しいけど頑張って一括返済するも良いし、無理せず分割にするのも良いでしょう。

借入額を決める前に、完済までの確実な道筋をイメージすることが大事です。

カードローンの名前が示すように、ATMを利用してカードでお金を受けとる方法が主流です。

でも、ネットが簡単に使えるようになって、借入方法として口座振込みも増えました。

近頃は、ケータイ、スマホ、タブレット型パソコンなどで、ネットに接続して、指定口座への振込みをすぐに行っているところも多いでしょう。

今日中にお金が必要なときには即日キャッシングがけっこう便利で味方になってくれます。

申し込みをした当日にすぐ借りることが出来るので、非常に助かるのです。

しかも土曜日曜でも関係なく無人契約機を利用することで契約が可能ですし、隣り合ったATMを利用することで借り入れができます。

キャッシングの審査で落ちてしまう人とは、ほとんどが収入のない人です。

自分が収入を得ているという事が必須条件となるので、その要件を満たしていない人は使うことができません。

必ず稼ぎを得てから申込むのが得策です。

それと、すでに多額のキャッシングをしている人も、審査に通ることはとても難しいでしょう。

たくさんのキャッシング会社が存在しますがセゾンはたいへんお勧めしたいと思います。

セゾンは大手の会社であるため安心して申し込みが可能です。

インターネットサイト内で申し込みをすれば借入れ金の振り込みも早くしてくれるので実にオススメでしょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス