扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 控除申請について > 控除について

控除について

 

こちらでは、扶養家族控除について説明するので、参考にしてみて下さいね。

 

<年収130万円以下の場合>
被保険者の配偶者や家族などにおいては、年収が130万円以下の方がいる場合、健康保険の扶養家族として認められます。

そうなると、被保険者(主に世帯主の方)が健康保険料を納めるだけになるので、扶養家族の方は保険料を納めなくても、3割負担で医療を利用することができるようになります。

 

<年収130万円以上の場合>
家族の方が130万円以上の年収がある場合には、その方自身で国民健康保険に加入することになります。

 

その年の所得に応じた保険料を来年から支払っていくことになりますね。

 

<年収103万円以下の場合>
被保険者の配偶者や家族など、年収が103万円以下の方がいる場合には、扶養家族として認められます。

 

よって、配偶者控除や扶養控除を受けることができますね。

 

その金額は、それぞれ38万円の控除と呼ばれています。

 

扶養家族の扱いは、それぞれ上記のようになっています。

 

扶養する人の課税対象額については、給料から様々な控除額が差し引かれた金額に対して掛けられることになっています。

 

ですから、扶養家族が多いほど税金を納める額が少なくなるという計算式になります。

 

扶養家族控除の適用においては、毎年年末の12月31日の状況によって適用されるか判断されています。

 

そのため、極端に言うと、12月31日に生まれた子供がいる場合では、その子供も扶養家族控除が適用されることになります。

 

更に、12月31日以前に扶養家族の方が亡くなっている場合は、亡くなる前に扶養家族として適用しているのであれば、その年に限って扶養控除が受けられるようになっています。

 

控除申請について記事一覧

控除について

こちらでは、扶養家族控除について説明するので、参考にしてみて下さいね。<年収130万円以下の場合>被保険者の配偶者や家族などにおいては、年収が130万円以下の方がいる場...

控除申請のポイントについて

扶養控除申告をすることで、社会保健や税金において色々な優遇を受けられるようになります。ですから、申告はしておいた方が良いと思いますね。そこで今回は、申告をする上での...

控除と高齢化社会との関係

昨今の不況の影響もあるし、また高齢化社会になってきたことに伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増えてきているそうですね。知っていますか?また、...

配偶者特別控除と控除額について

あなたは、「配偶者控除」という制度をご存知ですか?こちらでは、この配偶者控除についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。<配偶者控除>これは、配偶者(扶...

配偶者特別控除の縮小について

色々な控除がありますが、毎年何かしら変わっているところがあります。よって、税金などの申告をする際には、控除に関して何か変わっていないか確認する必要がありますよ。まず...